【日経新聞のメリットは?】読む価値と必要性ともっともお得に読む方法

日経新聞は必要ない(nikkei-unnecessary)
悩むネコ

・高いお金を払ってまで日経新聞を読む必要あるの?
・日経新聞を読む必要性は?
・少しでもお得に読む方法ってないかなあ?

日経新聞の必要性に関する悩みを解決します。

本記事の内容
  • 本当に日経新聞を読む必要はないのかを解説
  • 日経新聞を読む必要性
  • 日経電子版をもっともお得に購読する方法

日経新聞はトップクラスの情報と信頼性をもつ日本を代表する経済紙です。

本記事では、「本当に日経新聞を読む必要はないのか?」について解説しています。

記事を読むと、日経新聞は本当に必要ないのか必要なのかがわかります。

その結果、ビジネスマンとして必要な情報源がわかり、将来の資産形成にも大きく役立ちますので、最後まで記事を読んで下さい。

take-bannar
社長イヌ

上司からは読めって言われてんねん・・

take

なかば強制の会社もありますよね・・・

目次

日経新聞を読むメリット4つ

メリット

メリットをみてみましょう。

  1. 情報量・コンテンツが豊富
  2. 読みやすさと機能性の高さ
  3. 世の中の流れが把握できる
  4. 視野が広がる

ひとつずつ解説していきます。

【メリット1】情報量・コンテンツが豊富

日経新聞は紙面で約300本の記事、プラス電子版独自の記事が約700本、1日あたり計1,000本もの記事が配信されます。

日経電子版は東京とニューヨーク、24時間体制で編集しており、1日に配信する1000本以上の記事の中から、最も大切な情報を取捨選択して配信しています。

【メリット2】読みやすさと機能性の高さ

WEBサイト向け横書きスタイルで読む日経電子版と、新聞のように読むことができる「紙面ビューアー」が使用できます。

紙面のレイアウトそのままで読め、パソコン・タブレット・スマホで快適に読むことができ、直近30日間分の過去記事を全て読むことができます。

また、登録キーワードの記事をハイライト表示することができるため、他の記事よりも目立って表示され読み逃しを防いでくれます。

さらに記事検索や記事の保存、電子版メールサービスなど便利機能が充実しています。

【メリット3】世の中の流れが把握できる

インターネットは情報が氾濫しており情報の一貫性がありません。

反面、日経新聞は「政治・経済・社会・文化」などきちんと情報が整理されており、世の中の流れをとらえやすくなっています。

【メリット4】視野が広がる

日経新聞に限らず新聞を読むことでさまざまな分野への視野が広がります。

特に日経新聞では、政治・経済・国際・文化・社会や各業界の人事やニュースなど幅広く網羅されているので、普段関わりのないことでも知ることができます。

完璧に理解できなくても、ある程度の動向がわかれば社会人として知っておくべきことがつかめますし、将来のための知識としてたくわえることができます。

日経新聞のデメリットは【1つ】

デメリット

日経新聞のデメリットはなんといっても「他の新聞にくらべて料金が高い」ということです。

紙面版で月額4,900円電子版で月額4,277円と他の新聞より1,000円近く高くなっています。

情報量や情報の質などを考慮すると仕方ないのかもしれませんが、家計にもそこそこダメージのある金額です。

主要新聞社の料金体系

新聞名朝刊・夕刊デジタル版朝刊・夕刊+デジタル版
日経新聞4,900円4,277円5,900円
朝日新聞4,037円シンプルコース:980円
デジタルコース:3,800円
5,037円
毎日新聞4,037円スタンダード:1,058円
プレミアム:3,456円
購読者は無料でデジタル毎日の全記事と紙面ビューア、
+500円でプレミアムの全機能利用可
産経新聞3,034~4,037円1,944円セット割引なし
読売新聞3,093~4,037円電子版のみのコース設定なし読売プレミアム
新聞購読料+162円

日経電子版節約効果 ※( )は紙面版

  • 月額 4,277円(4,900円)
  • 年額 51,324円(58,800円)
  • 10年 513,240円(588,000円)
  • 20年 1,026,480円(1,176,000円)
  • 30年 1,539,720円(1,764,000円)
take

老後までの人生を考えるともっとかかります。日経新聞をできるだけお得に読みたいですよね。

正式な日経電子版をもっともお得に購読する方法【COCORO BOOKS】一択

シャープの電子書籍ストア COCORO BOOKS

日経新聞は高いですが、どうしても購読しなければいけない人もいるでしょう。

そんな人には、シャープの電子書籍ストア「COCORO BOOKS(ココロブックス)」がおすすめです。

理由は下記

  1. スマートフォンで、朝刊・夕刊がすぐに読める
  2. 「日経電子版」の有料会員限定サービスを利用できる
  3. 申し込み月は無料で読める
  4. ポイント利用でお得に購読できる

ひとつずつ解説しますね。

まずは「COCORO BOOKS(ココロブックス)」についてしりたい人は、こちらでくわしく解説しています。

おすすめ理由1:スマートフォンで、朝刊・夕刊がすぐに読める

日経電子版の公式アプリを使うことで、スマホやタブレットにあわせたレイアウトで読みやすく効率的に購読ができます。

また、紙面そのままのレイアウトで閲覧できる、紙面ビューアーも利用できるため、イメージしやすくとても便利です。

おすすめ理由2:「日経電子版」の有料会員限定サービスを利用できる

「COCORO BOOKS」では、日経電子版の有料会員限定サービスが利用できます。

  1. 会員限定記事
  2. ニュースメール
  3. 朝刊・夕刊 過去記事検索
  4. 記事保存
  5. 自動記事収集
  6. 朝刊・夕刊

過去3ヶ月間の記事を検索して読めるのはとても便利ですし、紙面ビューアーは、30日分を集録しています。

おすすめ理由3:申し込み月は無料で読める

日経新聞は、主要な新聞社のなかでも購読料がもっとも高く、紙面(朝刊・夕刊)で4,900円/月、日経電子版で4,277円/月します。

「COCORO BOOKS」で申し込むと、申し込み月は無料になるので、4,277円も節約ができます。

4,277円で、違う書籍を購入したり自分の趣味に使ったりできるので、めちゃくちゃお得です。

おすすめ理由4:ポイント利用でお得に購読できる

日経電子版を、COCORO BOOKSポイントで支払うと通常購読するよりめちゃくちゃお得に購読できます。

COCORO BOOKSポイントは、1ポイント1円としてCOCORO BOOKSで利用できる専用ポイントです。

月額定期ポイントとして購入し、購入したポイントを日経電子版の支払いに利用します。

購入するポイント数によって、ボーナスポイントが付与されます。

定期ポイント一覧

商品名お支払い額
(毎月)
付与ポイント
(毎月)
エントリープラン1,000円1,050pt
50ptお得
プロンズプラン2,000円2,130pt
130ptお得
シルバープラン3,000円3,240pt
240ptお得
ゴールドプラン4,000円4,400pt
400ptお得
プラチナプラン5,000円5,500pt
500ptお得
ダイヤモンドプラン10,000円11,500pt
1500ptお得

日経電子版は月額「4,277円」なので、定期でゴールドプランを利用すると、毎月400ポイントが貯まり、4,400ポイント使えるようになります。

毎月400ポイント貯まるので、1年間で4,800ポイントです。

日経新聞の公式サイトから申し込むと、めちゃくちゃ損しますよね?

日経電子版を読むなら、「COCORO BOOKS」を使わない理由はないでしょう。

\ 日経電子版の購読ならココ一択 ! /

日経電子版を最安で読んでみる!>>

take

正規の日経電子版をもっともお得に読む方法について、下記でさらにくわしく解説しています。

【結論】社会人として日経新聞は必要|「COCORO BOOKS」がもっともお得

結論、日経新聞の購読は必要です。

なぜなら社会人として必要な経済情報が高い信頼性のもと網羅されているからです。

事実、サラリーマンの「約5%」が日経新聞を購読しており、この5%という割合は「年収1千万円以上」稼いでいる人の割合とほぼ同じとなります。

もちろん、日経新聞を読めばかならず年収1千万円を稼げるというわけではありませんが、ある一定以上の水準の収入を稼ぐためには必要といえます。

以上のことから収入を増やしたいのであれば日経新聞は将来の自分のためにも必要と言えます。

しかし、日経新聞は他の新聞よりも高額です。

紙面版で月額4,900円、電子版でも月額4,277円かかります。

「COCORO BOOKS」を利用するのが一番お得に日経電子版を読む方法であまり知られていないサービスです。

ぜひ誰よりもお得にビジネスマンとしてレベルアップしちゃいましょう!

\ 日経電子版の購読ならココ一択 ! /

日経電子版を最安で読んでみる!>>

take

日経新聞は、お金を払ってでも得られるメリットが絶大です。

社長イヌ

「COCORO BOOKS」が一番お得に読む方法やで!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次