家具・家電のサブスク

ノートパソコン用スタンドの必要性は?【結論】ローテーブルでは必要なし

ノートパソコン用スタンドの必要性

 

悩むネコ

  • ノートパソコン用スタンドは必要性ある?
  • ローテーブルしかないんだけど大丈夫かな?

 

ノートパソコン用スタンドの必要性についての悩みや不安を解決します。

 

本記事の内容

  • ノートパソコン用スタンドのメリット・デメリット各3つ
  • ノートパソコン用スタンドがローテーブルで必要性がないと言われる理由3つ
  • ノートパソコン用スタンドを効率的に使う方法3つ

 

結論、ノートパソコン用スタンドはローテーブルでは必要性がありません。

 

なぜならローテーブルは、そもそも高さが足りないから。

 

1日中テレワークでパソコン作業をする場合は適切な高さのデスクが必要で、補助的にノートパソコン用スタンドを使うべきです。

 

本記事では、ノートパソコン用スタンドのメリット・デメリットや必要性について解説しています。

 

記事を読むとテレワークで適切な作業場所の確保し、効率的にパソコン作業ができるようになります。

 

効率よく早く仕事を終えることで副業やスキルアップなどさまざまなことにチャレンジでき、将来の収入アップにつなげることが可能となります。

 

take

テレワーク×サブスク歴2年目の私が解説しています

  • 節約歴15年、50種類以上の節約術を実践
  • FP2級、簿記2級、宅地建物取引士保有

 

目次

ノートパソコン用スタンドのデメリット【3つ】

 

ノートパソコン用スタンドを利用するうえで重要となるデメリットもしっかり解説していきます。

 

  1. キーボードが打ちづらくなる
  2. 安物だとガタガタ揺れてしまう
  3. 手首に負担がかかってしまう

 

それでは、デメリットをひとつずつしっかり解説していきます。

 

【デメリット1】キーボードが打ちづらくなる

ノートパソコンは基本的にディスプレイとキーボードが一体となっています。

 

ディスプレイの高さを気にして高くし過ぎてしまうと、キーボードがとても打ちづらくなってしまいます。

 

やり過ぎるとずっと両腕が宙に浮いた状態になってしまいますので注意しましょう。

 

【デメリット2】安物だとガタガタ揺れてしまう

値段も性能もさまざまなものがありますが、商品によっては入力中にガタガタ揺れてしまいます。

 

入力中に揺れてしまうと集中力低下にもつながりますので商品選びは慎重におこないましょう。

 

【デメリット3】手首に負担がかかってしまう

角度や高さを調節すると姿勢が良くなり首や肩などの負担は軽減されますが、手首への負担か大きくなります。

 

長時間の利用には気を付けて手首のストレッチなども取り入れましょう。

 

ノートパソコン用スタンドのメリット【3つ】

 

  1. 肩こりや腰痛が軽減される
  2. PC底面の熱が逃げやすくなる
  3. 環境が整い集中力がアップする

 

メリットもひとつずつ解説していきます。

 

【メリット1】肩こりや腰痛が軽減される

適正な高さを保つことで姿勢が良くなり、肩こりや腰痛などのリスクが軽減されます。

 

腰痛や肩こりは身体にさまざまな悪影響をおよぼすので、リスクが軽減されるのはとても大きなメリットと言えます。

 

【メリット2】PC底面の熱が逃げやすくなる

ノートパソコンを浮かせることで空間ができ、パソコン本体の熱を逃がす効果があります。

 

熱がこもらないのでCPUなどのパフォーマンス低下が防げます。

 

【メリット3】環境が整い集中力がアップする

身体に余分な負担がかからなくなることでストレスが減り、集中力がアップします。

 

集中力がアップすると仕事がはかどり早く終えることができますので時間を有効に使うことができます。

 

ノートパソコン用スタンドがローテーブルで必要性がないと言われる理由

理由(reason)

 

ノートパソコン用スタンドがローテーブルで必要性がないと言われる理由は下記

 

  1. ローテーブルは低すぎて調節が難しい
  2. ローテーブルはそもそも長時間作業に不向き
  3. 下半身に負担がかかる

 

ひとつずつ解説します。

 

【理由1】ローテーブルは低すぎて調節が難しい

ローテーブルはそもそも低いので調整するのは難しいでしょう。

 

ディスプレイを高くし過ぎるとキーボードが打ちづらくなってしまいます。

 

【理由2】ローテーブルはそもそも長時間作業に不向き

パソコン用スタンドを使って高さを調節できたからといっても、そもそもローテーブルでの長時間作業は向いていないため身体に負担がかかってしまいます。

 

やはり椅子に座って作業ができるデスクを利用するのがベストでしょう。

 

【理由3】下半身に負担がかかる

パソコン用スタンドを利用してもローテーブルは下半身にも負担がかかりやすいため、作業環境としては良くありません。

 

椅子に座っているよりも床に座る方がはるかに負荷がかかりますし、たとえクッションやカーペットがあったとしても同じ体制で座ることは難しいでしょう。

 

痛みや疲れがでやすく、それにより集中力の低下につながり生産性も落ちてしまいます。

 

ノートパソコン用スタンドを効率的に使う方法3つ

How to

 

ノートパソコン用スタンドを効率的に使う方法を3つ解説します。

 

  1. ワイヤレスキーボードを使う
  2. ケチらず自分の目的に合ったものを使う
  3. パソコンデスクで補助的にスタンドを使う

 

ひとつずつみていきましょう。

 

【方法1】ワイヤレスキーボードを使う

一定以上の高さを保つのであればワイヤレスキーボードを使いましょう。

 

格段に作業がしやすくなります。

 

こだわりがなければ2,000円以下のもので十分でしょう。

 

【方法2】ケチらず自分の目的に合ったものを使う

安いものがすべてダメというわけではありませんが、長く使うものですので機能や素材など自分の目的にあった商品を選びましょう。

 

選ぶポイント例

  • 高さの調節機能
  • 角度の調節幅
  • 材質や重さ、携帯性

 

【方法3】パソコンデスクで補助的にスタンドを使う

ローテーブルで長時間パソコン作業をすることはおすすめしません。

 

なぜならパソコンデスクよりもかなり低い角度で作業することになるので、首や肩、さらに座り方も悪くなるので下半身への悪影響も出てしまいます。

 

パソコンデスク上で補助的にスタンドを使うのがもっともおすすめで負担なく快適に作業することができますので、デスクがないという人はぜひ導入を検討してみましょう。

 

サブスクで必要な期間だけパソコンデスクを借りるという選択肢

サブスクとは?

 

テレワークで長時間パソコン作業をするための、適正な高さのデスクをさがすなら「サブスク」をおすすめします。

 

なぜなら必要な期間だけレンタルできるから。

 

テレワークが一般的になりましたが、いつまで続くかわかりません。

 

コロナが落ち着いたらまた会社へ出勤する働き方に戻るかもしれません。

 

デスクを買ってしまってからテレワークがなくなったらとても悔しいですよね?

 

少し様子をみるうえでも、「買うのではなくサブスクで借りる」という選択肢も十分ありだと感じます。

 

おすすめのサブスクサービス

テレワーク用のデスクが借りられるおすすめのサブスクサービスは「CLAS(クラス)」です。

 

なぜなら他のサブスクより安く借りられるから。

 

CLAS(クラス)」の特徴をみていきましょう。

 

家具・家電のサブスク「CLAS(クラス)」について

家具レンタルCLAS(クラス)の口コミ【手数料や解約金まで解説】

「CLAS(クラス)」は、2018年8月にスタートした、家具・家電のサブスクリプションサービスです。

 

ネットで商品を選んで注文すると自宅に届き、一定期間利用した後、交換・返却をする流れになります。

 

最低利用期間は3ヶ月から好きな期間で利用することができます。

 

購入するよりも初期費用を抑えられるというメリットがあります。

 

「CLAS(クラス)」の基本情報

最低利用金額 最低金額¥440
最低利用期間 3ヶ月
長期利用割引 あり
配送料 無料
返送料 あり(商品により異なる)
決済方法 クレジットカードのみ
組立・設置費 基本は無料 ※一部商品は有料オプション
回収料金 利用2年以内の返却の場合は有料
商品の購入 不可
対象エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、京都府、兵庫県(一部提供外の地域あり)

 

「CLAS(クラス)」でパソコン用デスクをレンタルするメリット

 

  • まとまった初期費用がかからない
  • 好きな期間(最低3ヶ月)だけレンタルできる
  • 毎月定額なので家計管理がしやすい
  • 不要になったら返却できるので置き場所に困らない
  • デスクは1,100円からとリーズナブル

 

「CLAS(クラス)」でレンタルできるデスク

「CLAS(クラス)」でレンタルできるデスクは複数あり、テレワーク特集などもありますので、ぜひチェックしてみてください。

 

さまざまなタイプのデスクがありますので、部屋の広さやレイアウトにあったものがきっと見つかります。

 

商品一例

商品名 レンタル料/月額(税込) イメージ
ミニ天板付ワークデスク 1,430円
アベニューデスクL型 1,430円 アベニューデスクL型画像0枚目
レニー スタンディングデスク 2,200円 レニー スタンディングデスク
i-style デスク 1,210円 i-style デスク W100xD45xH72cm

 

take

実際にクラスでテレワーク用のデスクと椅子を借りており、とても役立っています。

 

実際にパソコン用デスクと椅子をレンタルしたレビューについては、下記にてさらに詳しく解説していますのでご参考ください。

>>「家具のサブスク【CLAS(クラス)】実際に使ってみた感想を正直にレビュー」

 

【結論】長時間パソコンをするならローテーブルではなくパソコンデスクにするべき

まとめ

 

以上「ノートパソコン用スタンドの必要性は?【結論】ローテーブルでは必要なし」を解説しました。

 

おさらいをします。

 

デメリット3つ

  1. キーボードが打ちづらくなる
  2. 安物だとガタガタ揺れてしまう
  3. 手首に負担がかかってしまう

 

メリット3つ

  1. 肩こりや腰痛が軽減される
  2. PC底面の熱が逃げやすくなる
  3. 環境が整い集中力がアップする

 

ローテーブルで必要性がないと言われる理由3つ

  1. ローテーブルは低すぎて調節が難しい
  2. ローテーブルはそもそも長時間作業に不向き
  3. 下半身に負担がかかる

 

効率的に使う方法を3つ

  1. ワイヤレスキーボードを使う
  2. ケチらず自分の目的に合ったものを使う
  3. パソコンデスクで補助的にスタンドを使う

 

結論、テレワークの時間を快適に過ごすには作業環境を整えることが重要です。

 

なぜなら適正な高さやサイズのデスクでないと、身体にさまざまな悪影響をおよぼすおそれがあるから。

 

肩こりや腰痛などの症状がでると長期にわたり苦しむことにもなりかねませんので、早めの環境改善が必要です。

 

家具のサブスク「CLAS(クラス)」でパソコンデスクをレンタルすれば、毎月定額で好きな期間だけ借りられますので、まとまった初期費用がかからずに作業環境を整えることができます。

 

「CLAS(クラス)」でパソコンデスクをレンタルするメリット

  • デスクは1,100円からとリーズナブル
  • まとまった初期費用がかからない
  • 毎月定額なので家計管理がしやすい
  • 好きな期間(最低3ヶ月)だけレンタルできる
  • 不要になったら返却できるので置き場所に困らない

 

ぜひ「CLAS(クラス)」で上手にパソコンデスクをレンタルし、快適なテレワーク環境をつくり周りに差をつけましょう。

 

CLAS(クラス)」については「家具・家電のサブスク(レンタル)は【CLAS(クラス)】|評判からデメリットまで徹底解説」にてくわしく解説しています。

 

注文から返却までスマホだけでできるのでとてもカンタンです。

さらにいまなら期間限定キャンペーンで「500円分」が無料でレンタルできます。

無料期間はいつ終わるかわかりませんので今のうちにお得にレンタルしましょう。

「CLAS(クラス)」の公式HPで商品をみてみる>>

 

関連記事

>>ローテーブルで長時間パソコンはNG|姿勢がもたらす身体への悪影響とは?

>>家具のサブスクでテレワーク環境を整える【結論】買う必要はまったくない

>>【危険】テレワークでの椅子の重要性|座り過ぎはタバコと同じ健康被害リスク!?

>>【急務】テレワークでデスクがない問題はすぐに対処!|仕事にも身体にも危険信号

>>スタンディングデスクのデメリット!?導入するべきか解説【テレワーカー必見】

 

-家具・家電のサブスク

© 2021 サラフクブ