ペット

【こいぬすてっぷ×防災】ペットの地震・災害対策で愛犬の命を守りましょう。

【こいぬすてっぷ×防災】 ペットの地震・災害対策

 

悩むネコ

  • もしものためにペットの防災対策をしたい
  • こいぬすてっぷに「愛犬のための防災BOX」があるって聞いたけど、くわしく知りたいな。

 

ペットの防災対策についての不安や悩みをわかりやすく解決しています。

 

本記事の内容

  • ペットに必要な防災対策5つ
  • 「こいぬすてっぷ×防災」のサービス内容や料金体系

 

結論、大切なペットのためにも地震や災害に備えて防災対策をしっかりすることは大切です。

 

なぜなら、ペットも家族の一員で、大切な命があるからです。

 

本記事では、あなたがペットのためにするべき防災対策と、愛犬のための防災グッズを解説しています。

 

記事を読むと、ペットの防災の意識が高まり、万が一に備えて家族を守る準備をすることができるでしょう。

 

あなたの意識が変わればペットの命が救われて、ずっと一緒に暮らすことができますよ!

 

take

テレワーク×サブスク歴2年のサブスカーの私が解説しています

  • 節約歴15年、50種類以上の節約術を実践
  • FP2級、簿記2級、宅地建物取引士保有

社長イヌ

ずっと一緒が一番うれしいねん

 

\ こいぬすてっぷ獣医師監修 /

「こいぬすてっぷ×防災」の公式サイトへ>>

ペット用品初「防災製品等推奨品」に認定

 

【地震や災害に】ペットに必要な防災対策:5つ

重要(IMPORTANT)

 

ペットも大切な家族の一員です。

 

日頃よりペットの防災対策もしっかり考えておくことが大切です。

 

ここでは、ペットのための防災対策を5つ解説します。

 

ペットの防災対策5つ

  1. ペットの世話を頼める人の確保
  2. ペットと一緒に避難できる避難場所の確認
  3. 愛犬を守るための基本的なしつけ
  4. マイクロチップの装着やワクチン接種
  5. ペット用防災グッズの準備

 

順番に解説していきます。

 

【ペットの防災対策1】ペットの世話を頼める人の確保

万が一の場合を考えて、ペットの世話を頼める人を確保しておきましょう。

 

災害が発生した場合、交通状況や避難所など、どうなるかまったく予想がつかないこともあります。

 

あなたに万が一があったとき、ペットがひとりぼっちにならないように考えておくのも大切な役割です。

 

【ペットの防災対策2】ペットと一緒に避難できる避難場所の確認

近年、ペットと一緒にいられる避難所も増えてきましたが、まだまだその数は少なく寂しい思いをしているペットが多くいます。

 

さらに自治体や飼い主それぞれの知識不足によって、ペットを自宅に置いて非難してしまうケースもあるようです。

 

ペットの避難方法には2種類あり、下記となります。

非難の種類 避難内容
避難 ペットと一緒に安全な場所まで避難できますが、
同じ避難所で過ごすことではありません。
ペットは別な安全な施設などで過ごすこともあります。
避難 ペットと一緒に安全な場所まで避難し、
基本的には同じ避難所で過ごすことができます。
避難所によって同室で過ごせたり、
ペット専用のエリアが決まっていたりします。

 

【ペットの防災対策3】愛犬を守るための基本的なしつけ

避難所などに避難できた場合、飼い主と一緒にいられるとは限りません。

 

その場合に吠えたり噛みついたり走り回ったりして迷惑をかけてしまうと他の避難者などへ迷惑がかかり、場合によっては違う施設へ保護されてしまうかもしれません。

 

そのためには普段から、下記のしつけだけでもしっかり覚えさせておく必要があります。

  • 「待て」や「ハウス」
  • 決まった場所でのトイレ
  • 無駄吠えをしない

 

小さいときからのしつけは必須ですね。

 

1歳以下の子犬のしつけの定期便についてはこちら

>>「【こいぬすてっぷ】デメリットや口コミ・評判【特別割引クーポンあり】」

 

【ペットの防災対策4】マイクロチップの装着やワクチン接種

災害時にペットとはぐれてしまう可能性があるので、マイクロチップを装着しておきましょう。

 

身元の証明ができるので、発見時スムーズにペットをむかえに行くことができます。

 

また、各種ワクチン接種はかならず接種しておくことも大切です。

 

【ペットの防災対策5】ペット用防災グッズの準備

防災グッズは人間だけでなく、ペット用も準備しておきましょう。

 

避難所に食料や水、トイレ関連のペット用品があるとは限りません。

 

最低でも下記はそろえておきましょう。

  • フード、水(少なくとも5日分[できれば 7 日分以上が望ましい])
  • 予備の首輪、リード(伸びないもの)
  • 食器
  • ガムテープ(ケージの補修など多用途に使用可能)
  • 飼い主の連絡先とペットに関する飼い主以外の緊急連絡先・預かり先などの情報
  • ペットの写真(携帯電話に画像を保存することも有効)
  • ワクチン接種状況、既往症、健康状態、かかりつけの動物病院などの情報

 

参考:「環境省」災害時におけるペットの救護対策ガイドライン

 

\ こいぬすてっぷ獣医師監修 /

「こいぬすてっぷ×防災」の公式サイトへ>>

ペット用品初「防災製品等推奨品」に認定

 

「こいぬすてっぷ」のペット用防災BOXがおすすめ

koinu-step-bousai

 

ペット用防災グッズは、「こいぬすてっぷ」の防災BOXがおすすめです。

 

なぜなら、獣医師が監修した厳選されたアイテムがそろっているから。

 

しかも、ペット用品で初めて「防災製品等推奨品」に認定されているため信頼性もバツグンです。

 

「こいぬすてっぷ」について

こいぬすてっぷは、2018年3月設立の「ペット用品の企画・販売」をしている会社です。

 

おもに、下記3つを展開しています。

  1. 1歳までのしつけ用の定期便「こいぬすてっぷ」
  2. 全年齢を対象とした愛犬のための定期便「WAN smile BOX」
  3. 愛犬用防災BOX「こいぬすてっぷ×防災」

 

いずれも獣医師が監修しているので安心して使えますね。

 

会社概要

会社名 株式会社こいぬすてっぷ
設立 2018年3月
代表 代表取締役
渡利 真也
所在地 〒107-0062
東京都港区南青山一丁目1番1号
新青山ビル東館10階
事業内容 ペット用品の企画・販売
TEL 03-6844-5756
(受付時間:平日10:00〜18:00)
お問い合せ shop@koinu-step.com

 

おやつとおもちゃの定期便「WAN smile BOX(ワンスマイルボックス)」についてはこちら

>>「【ワンスマイルボックス(WAN Smile BOX )】デメリットや口コミ・評判」

 

「こいぬすてっぷ×防災」のサービス内容や料金体系

「愛犬のための防災BOX」の種類は1つ。

 

料金体系

料金 8,228円
内容物例 PETKIT ワンタッチ
ウォーターボトル
獣医師監修のロング丈
ストラップ付き 犬の靴下
わんちゃん用
排泄処理剤
ボディタオル
ウォーターレス
ドライシャンプー
応急セット
排泄物処理用
ビニール袋
愛犬の防災
ハンドブック
送料 通常:600円
700円
北海道・鳥取・島根・岡山・広島・山口
徳島・香川・愛媛・高知・福岡・長崎
佐賀・大分・熊本・宮崎・鹿児島
1,300円
沖縄

 

\ こいぬすてっぷ獣医師監修 /

「こいぬすてっぷ×防災」の公式サイトへ>>

ペット用品初「防災製品等推奨品」に認定

 

自治体はどんな取り組みをしているの?

 

全国の自治体では、ペットの受け入れなど、どんな取り組みをしているのか解説します。

 

ぜひ、あなたとペットの住んでいる自治体のHPをチェックしてみましょう。

 

東京都江戸川区の場合

ペットと一緒に避難することを推奨していますが、まずは人間の安全を確保してくださいとのことです。

 

飼い主が無事でないとペットを守ることはできないため、という理由だそうです。

 

避難所では原則として、避難者が生活するスペースとペットの飼育スペースは完全に分けて用意されます。

 

ペットはケージに入れたり、繋ぎとめにより飼育し、エサやトイレの処理などは飼い主自身が行います。

 

東京都江戸川区ペットの災害対策>>

 

千葉県千葉市の場合

まずは人の安全が優先とのことです。

 

やはりペットを守るためには人が必要ということのようです。

 

千葉市も同行避難を推奨していますが、避難所での生活は人とは別になるようです。

 

ただし、避難所ごとの判断によって異なるとのことです。

 

原則、避難所にはペット用の防災グッズや食料などはないようなので、しっかり準備をしておくことが大切ですね。

 

千葉県千葉市のペットの災害対策について>>

 

愛知県名古屋市の場合

名古屋市もペットとの同行避難を推奨していますが、決められた場所での飼育となります。

 

また、避難住民同士の理解が得られない場合は受け入れができないようです。

 

原則ペットの防災用品の準備はないので、飼い主の責任で準備しておく必要があります。

 

住民の理解のためにもしつけはしっかりしておくことも重要です。

 

愛知県名古屋市の災害時ペットの取扱いについて>>

 

自治体の体制:まとめ

このほかにもいくつかの自治体の情報を調べましたが、おおむね下記の体制となっているところが多いようです。

 

  • まずは人の安全を確保する
  • ペットとの同行避難を推奨
  • 原則、避難所では人とペットは別の場所で避難
  • 避難所での飼育は飼い主がおこなう
  • ペット用防災備品の準備はない

 

自治体によって内容は異なりますので、ぜひ一度あなたとペットの自治体のHPをみてみましょう。

 

ペットの地震対策に【こいぬすてっぷ×防災】:まとめ

まとめ

 

以上、「ペットの防災対策」について解説しました。

 

今回の記事をまとめます。

 

ペットの防災対策5つ

  1. ペットの世話を頼める人の確保
  2. ペットと一緒に避難できる避難場所の確認
  3. 愛犬を守るための基本的なしつけ
  4. マイクロチップの装着やワクチン接種
  5. ペット用防災グッズの準備

 

ペット用防災BOXは、「こいぬすてっぷ×防災BOX」がおすすめ。

 

結論、ペットの防災対策はかならずしておきましょう。

 

なぜなら、ペットは大切な家族だからです。

 

大切な家族を見捨てることはできませんよね?

 

まずは、必要な防災知識をみにつけ、必要な防災用品を準備しましょう。

 

そうすれば、地震や災害があったとでも、大切なペットといつまでも一緒に過ごすことができるでしょう。

 

\ こいぬすてっぷ獣医師監修 /

「こいぬすてっぷ×防災」の公式サイトへ>>

ペット用品初「防災製品等推奨品」に認定

 

take

災害はいつ起きるかわかりませんので、今すぐでも準備しましょう!

 

-ペット
-,

Copyright © salafukubu.com , All Rights Reserved.