家具・家電のサブスク

【危険】テレワークでの椅子の重要性|座り過ぎはタバコと同じ健康被害リスク!?

テレワークでの椅子の重要性

 

悩むネコ

  • テレワークで椅子選びはどれくらい重要なの?
  • 椅子が悪いとどんな症状が出るの?
  • オフィスチェアは高いからなかなか買えないよ

 

テレワークでの椅子の重要性についての悩みや不安を解決します。

 

本記事の内容

  • テレワークでの椅子の重要性3つ
  • 悪い椅子がもたらす身体への悪影響3つ
  • テレワーク用チェアの選び方3つ

 

結論、テレワークでもっとも重要な環境は「椅子」です。

 

なぜなら長時間座りっぱなしが続いたり、椅子が合わなかったりすると「肩こり」「腰痛」「ストレートネック」「血流の悪化」などの症状を引き起こすから。

 

そしてさらにおそろしい病気となるリスクが高まります。

 

「くつ」「タイヤ」「布団やベッド」そして「椅子」などの地面や床と身体の間で使うものはきちんと自分に合ったものを使うべきと言われています。

 

テレワークをする人にとって「椅子」はもっとも長時間使うものなので、身体への負担を軽減するものをしっかり選びましょう。

 

本記事では、テレワークにおける椅子の重要性と身体への悪影響、そして椅子の選び方を解説しています。

 

記事を読み終えると自分に合った椅子をお得に選べるようになり、快適な環境でテレワークができるようになります。

 

そして集中力や生産性がアップすることで、会社からの評価もグングン上がっていくでしょう。

 

take

テレワーク×サブスク歴2年目の私が解説しています

  • 節約歴15年、50種類以上の節約術を実践
  • FP2級、簿記2級、宅地建物取引士保有

 

テレワークでの椅子の重要性3つ

重要(IMPORTANT)

 

テレワークは基本的にデスクワークが多くなります。

 

ここでは、長時間座る椅子の重要性を3つ解説します。

 

  1. 健康へ影響する
  2. 集中力へ影響する
  3. 生産性へ影響する

 

ひとつずつ解説します。

 

【重要性1】健康へ影響する

椅子が合わないとさまざまな健康被害が起こります。

 

症状が悪化して、取り返しのつかない事態にもなりかねないほどの重要性です。

 

健康被害例

  • 肩こり・腰痛
  • 首の痛みやストレートネック
  • 血流が悪くなる(痔・冷え・むくみ)
  • 姿勢悪化による肥満

 

【重要性2】集中力へ影響する

自分の体形や姿勢に合わないと、痛みをかばおうと体制を変えたり高さや位置を変えたりしてしまいます。

 

作業が中断されることが多くなりますので、集中力が持続される自分に合った椅子選びはとても重要です。

 

【重要性3】生産性へ影響する

集中力が途切れると生産性の低下にもつながります。

 

「DeNA」が社員へ「アーロンチェア」というオフィスチェアを導入し、正しい着座姿勢を伝授したところ「約40%」もの生産性がアップしたほどです。

 

さらに「首や肩の痛み・コリなどが軽減したことで集中力が改善した」「長時間座った後に立ち上がっても、腰のハリや痛みを感じる程度が減った」といった声があったように、良い椅子には多くのメリットがあるのがわかります。

 

テレワークで悪い椅子がもたらす身体への悪影響3つ

問題-PROBLEM

 

椅子がもたらす身体への悪影響は大きく3つ

 

  1. 糖尿病の危険も
  2. ガンのリスク増加も
  3. 脳卒中の危険性も

 

こちらもひとつずつ解説します。

 

【悪影響1】糖尿病の危険も

2018年の「明治安田厚生事業団体力医学研究所」の研究によると、1日9時間以上座っている成人は7時間未満と比べ、糖尿病のリスクが2.5倍高くなると言われています。

 

また、「Washington Post」によると、インスリンの過剰生成が糖尿病を引き起こす可能性につながっていると言われています。

 

【悪影響2】ガンのリスク増加も

 Washington Post」は「国立がん研究所」のデータを元に、座りっぱなしでいることが結腸がん、乳がん、および子宮内膜がんを発症するリスクが高まることを発表しています。

 

インスリンの過剰生成ががん細胞の働きを活発にすると言われています。

 

2011年に「WHO」でも、座り過ぎが世界で年間200万人の死因になっていると発表しています。

 

【悪影響3】脳卒中の危険性も

座り過ぎは血液のめぐりが極端に悪くなります。

 

血流が悪くなると脳卒中のリスクが増すと言われています(Wealth of Health)

 

また「アメリカ心臓病学会」は、座っている時間が長くなるほど、心血管疾患のリスクも高まっていくとも発表しています。

 

以上のことから、長時間座り続けることや椅子の影響によって、単なる肩こりや疲れなどよりもおそろしい病気になる可能性が高まります。

 

次の項目では、テレワークで長時間座っても身体への負担が軽減される椅子の選び方を解説していますのでしっかり確認しましょう。

 

テレワーク用オフィスチェア(椅子)の選び方3つ

How to

 

ここではテレワーク用チェアの選び方を3つ紹介します。

 

  1. 高さや位置調整ができるか
  2. 背中や腰のサポート性があるか
  3. クッション性があるか

 

くわしくみていきましょう。

 

【選び方1】高さや位置調整ができるか

デスクに合わせた位置や自分に合った位置に合わせるために、調整できるポイントは多い方が良いでしょう。

 

少しでも身体へ負担がかからない最適な位置へ調整できるものを選びましょう。

 

調整箇所例

  • 座面の高さ
  • ひじ掛けの高さ
  • ヘッドレストの位置
  • 座面の深さの位置
  • ランバーサポートの位置

 

【選び方2】背中や腰のサポート性があるか

背骨のカーブをキープできる構造かも重要チェックポイントです。

 

背骨のカーブを支える「ランバーサポート」が背面に装備されているかも確認しましょう。

 

【選び方3】クッション性があるか

座面に使用されるクッション素材をチェックしましょう。

 

「カットウレタン」と「モールドウレタン」が主流であり、長時間座る場合は型くずれしにくい「モールドウレタン」を選びましょう。

 

商品によっても硬さが違うのでお好みの硬さをチョイスしましょう。

 

 

テレワーク用オフィスチェア(椅子)の値段と性能の目安

 

オフィスチェアは値段も機能もさまざまです。

 

予算と機能のバランスをみて購入を検討しましょう。

 

オフィスチェアの価格帯例

価格 特徴
1万円以下 短時間で終わる作業用で、長時間の作業にはあまり向きません。

クッション性も簡易的なものが多く、長時間座ると背中や腰が痛くなることも。

1万円~3万円 もっとも人気のある価格帯です。

クオリティに差がありますので背中や腰のサポート機能や高さや背もたれの位置調整などをしっかりチェックしましょう。

3万円~5万円 個人で購入するには高価と感じます。

在宅が多い人には良いかもしれませんが、たまに在宅する程度の場合は費用対効果を考えましょう。

5万円~10万円 機能性プラスデザインやブランドなども考慮した価格帯です。

必要以上の機能もある場合もあるのでしっかり検討しましょう。

10万円以上 高級ブランドのカテゴリで、一般会社員はなかなか手が出ないでしょう。

自営業などオフィス兼自宅として使う人などには向いているかもしれません。

 

高性能な椅子も「サブスク」で安くレンタル

サブスクとは?

 

テレワークには長時間座っても身体への負担が少ない高性能な椅子がおすすめですが、それなりに高価なため簡単には買えません。

 

しかし「家具のサブスク」であれば、毎月リーズナブルな値段でレンタルすることができます。

 

わざわざ高い椅子を買わなくても気軽に使えるのでとてもおすすめです。

 

おすすめのサブスクサービス

テレワーク用のデスクが借りられるおすすめのサブスクサービスは「CLAS(クラス)」です。

 

なぜなら他のサブスクより安く借りられるから。

 

CLAS(クラス)」の特徴をみていきましょう。

 

「CLAS(クラス)」について

最低利用金額 最低金額¥440
最低利用期間 3ヶ月
長期利用割引 あり
配送料 無料
返送料 あり(商品により異なる)
決済方法 クレジットカードのみ
組立・設置費 基本は無料 ※一部商品は有料オプション
回収料金 利用2年以内の返却の場合は有料
商品の購入 不可
対象エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、京都府、兵庫県(一部提供外の地域あり)

 

「CLAS(クラス)」椅子をレンタルメリット

 

  • まとまった初期費用がかからない
  • 好きな期間(最低3ヶ月)だけレンタルできる
  • 毎月定額なので家計管理がしやすい
  • 不要になったら返却できるので置き場所に困らない
  • オフィスチェアは1,100円からとリーズナブル

 

「CLAS(クラス)」でレンタルできる椅子

「CLAS(クラス)」でレンタルできる椅子は複数あり、テレワーク特集などもありますので、ぜひチェックしてみてください。

 

さまざまなタイプの椅子がありますので、部屋の広さやレイアウトにあったものがきっと見つかります。

 

商品一例

商品名 レンタル料/月額(税込) イメージ
リトル オフィスチェア 1,100円/月~ リトル オフィスチェア画像16枚目
ランバーメッシュ オフィスチェア 1,100円/月~ ランバーメッシュ オフィスチェア
Contieaks ゲーミングチェア ルセル・オットマン付き 1,980円/月~ Contieaks ゲーミングチェア ルセル・オットマン付き画像0枚目
Air's03チェア 3,300円/月~ Air's03チェア(肘有り)
セイルチェア (正規品) 5,500円/月~ セイルチェア (正規品)画像2枚目

 

【結論】テレワークは健康と直結|良い椅子の使用と適度な運動を

まとめ

 

以上、「【危険】テレワークでの椅子の重要性|座り過ぎはタバコと同じ健康被害リスク!?」を解説しました。

 

おさらいをします。

 

長時間座る椅子の重要性3つ

  1. 健康へ影響する
  2. 集中力へ影響する
  3. 生産性へ影響する

 

身体への悪影響3つ

  1. 糖尿病の危険も
  2. ガンのリスク増加も
  3. 脳卒中の危険性も

 

テレワーク用チェアの選び方3つ

  1. 高さや位置調整ができるか
  2. 背中や腰のサポート性があるか
  3. クッション性があるか

 

結論、長時間のテレワークでもっとも重要なものは「椅子」です。

 

なぜなら、座り過ぎはタバコと同じくらいの健康被害リスクがあると言われているからです。

 

実際に多くの研究機関や研究者が「Sitting is killing You(座ることがあなたを殺す)」と警告しています。

 

特に日本人は世界一長時間椅子に座ってるので要注意です。

 

2012年にシドニー大学が行った調査結果では、世界20ヶ国の総座位時間の平均が300分/日に対して、日本では420分/日と平均から2時間も多い結果となっています。

 

そのため家具のサブスク「CLAS(クラス)」で最適な椅子をお得にレンタルし、健康と生産性を手に入れましょう。

 

健康でいられれば、これから何十年も元気に働くことができるので、充実した将来をむかえることができ豊かな老後を過ごすことにもつながります。

 

CLAS(クラス)」については「家具・家電のサブスク(レンタル)は【CLAS(クラス)】|評判からデメリットまで徹底解説」にてくわしく解説しています。

 

注文から返却までスマホだけでできるのでとてもカンタンです。

さらにいまなら期間限定キャンペーンで「500円分」が無料でレンタルできます。

無料期間はいつ終わるかわかりませんので今のうちにお得にレンタルしましょう。

「CLAS(クラス)」の公式HPで商品をみてみる>>

 

関連記事

>>ローテーブルで長時間パソコンはNG|姿勢がもたらす身体への悪影響とは?

>>ノートパソコン用スタンドの必要性は?【結論】ローテーブルでは必要なし

>>家具のサブスクでテレワーク環境を整える【結論】買う必要はまったくない

>>【急務】テレワークでデスクがない問題はすぐに対処!|仕事にも身体にも危険信号

>>スタンディングデスクのデメリット!?導入するべきか解説【テレワーカー必見】

 

-家具・家電のサブスク

© 2021 サラフクブ